保険の無料相談について

2017年4月の金融庁が出した指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針に対して各サービスでは、商品券から「換金性の低い景品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券をプレゼントとしてキャンペーンを行っているサービスがありますが、これは明確なルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを利用しようと思っているのならば、キャンペーンだけでなくサービスの質を重視して選びましょう。

予約なしですぐに相談をしたいなら近所の保険ショップに直接行く選択肢もあります。

営業の人の勧めそのままに保険に加入してしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

保険の知識がなくてもFPが今はどんな保険に入っているか、相談者のライフプランに合う保険ではなかった場合、より現場に合う保険の相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減る方も多いようです。

また、FP紹介サービスの中にはサービス利用時に条件を満たすとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていることもあります。

今の保険を選んだ際になにを参考にしましたか?ランキングサイトなどインターネット上の情報を参考にした人、職場に来た保険の営業員の人の勧めなどいろいろな方法で選んだと思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実は保障内容を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスで確認をしましょう。

当たり前のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

そのため、相談してみた結果、保障内容がほぼ同じ内容なのに月額が低くなった、今の生活状況により合った内容に見直しをしてもらえたという話も多いです。

キャンペーン目的で保険無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか連絡が来なくて面談ができないという人がいるそうです中小のサービス会社の場合、登録してるFPの数が大手サービスの登録者数と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそもなぜ無料で相談をできるかというとFPの提案した保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの低い案件は利益が出ないので後回しにされてしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、キャンペーンを諦めてFPの登録者数の多い大手業者に申し込むか、保険ショップへ直接行ってみてください。

動画サイトなどでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法がよくわからないこともあります。

なので、ここでは無料相談サービスの利用方法について書きます。

一般的にどのサービスもインターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは近くの店舗で相談という流れになります。

FPに会ってからは最初に、将来の希望や保険に関する疑問、現在加入している保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした家族構成やライフプランなどから保険を提案します。

提案後、相談者のライフプラン・将来の希望に対して保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。

Tポイントやポイントサイトで現金などと交換できるポイントが保険無料相談をするとプレゼントされろというキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスってあまり名前を知られていないものばかりで実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与というパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で契約をしないと見られたらその後の面談がなかなかできないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

無料でできる保険相談のニーズが高まっています。

専門的な話をプロとともにすることができるというのに、お金がかからないというのは不思議な話です。

気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。

簡単に言ってしまうと保険会社がFPさんやその紹介会社にお金を払っていて、手数料という形で契約が成立したときのみ支払われるのだとか。

つまりはどれだけ知識が豊富で熱心なFPさんでも面談だけでなく契約まで至らないとお金にならないわけですが、個人で動くより契約の機会は増えるので、皆が得するメカニズムと言えるかもしれません。

最近テレビCMなどいろいろなところで耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

どういったカラクリがあるかというと、各保険会社からの契約手数料を収益という形で受け取っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に相談者が加入してもらうことが重要になります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

根拠のない脅しのようなことを言い断れないような雰囲気を作るようなFPさんがいるところでは、長く付き合っていくのも難しいでしょうからお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

そういった失敗をしないために自分でも知識を身に着けて、面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。

例えば、人から何かを強く勧められると断れないという方がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をした際に自分に合わない保険を勧められても断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなどトラブルの報告を聞きます。

なので、ここでは断り方・信頼できるFPの見つけ方について書こうと思います。

基本的には担当者に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言うことが必要です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当に担当者がお客様目線に立ってくれているなら無理には引き止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないと考えて良いので担当者を変えてもらいましょう。

家族も増えて将来のことを見据えて保険の加入を検討している方、相談をするならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選び方もいいのですが黒毛和牛肉など景品をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、各相談サービスのHPにある予約フォームから相談日を決めて、現在の保険内容の確認や保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうで評判が悪そうに思ってしまうのもわかります。

FP紹介サービスでは、評判をとにかく気にしているので評判の悪いFPは契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

時折インターネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」というサービスですがという販促方法ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

実は少し前はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

しかし、時代の変革とともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるサービスが増えました。

保険は人生にいて2番目に高い買い物と言われ、自社の製品を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたためそこから金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しをしてもらいたいという考えから始まりました。

評判を気にする職業と聞いて、どんな職を思いつきますか?一般的に思いつくのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

というのも、無料相談サ―ビスに登録してるFPは相談者が紹介された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

その対策として、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できるFPから納得いくまで説明を受けてから決めましょう。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は家の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると感じてそのまま変更するのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後にB社、C社にも相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の内容をB社に見せると担当者によっては本当に必要な保障まで外して価格面だけを重視して提案してくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や担当者だったらほぼ間違いなく信頼できます。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

車の買取などいろいろな場面で見積もりをしますよね。

見積もり後に頻繁に電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をしたりするのが楽しいと言いますが最近では、電話が苦手という方も多い印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘を行ったり、強引に勧誘してくるなど評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に関してしっかりと対策が考えられています。

また、万が一担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールというシステムがあり、電話一本で相談の停止や担当FPを変更することが可能です。