看護師の仕事内容って?

看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、転職によって新しく働きだした看護師に、通常支払われるはずの残業代についてちゃんと払ってもらえないことがあるようです。
ただ働きで残業をさせるのは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反していますよねー★行なった残業は、労働には違いありません。
なので、こなした分はしっかり、給金という形で手に入るのが当然なのです。
勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、継続しやすい仕事であるというふうにも考えられています。
妊娠により、一度休みを取ったとしても、復帰しやすい職種なのです。
高度な専門性が産休の後の復帰のしやすさに結びついているといえるのです。
一生、就職先に困ることがないといわれる一方で、離職率の高い仕事でもあります。
看護師になるための国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を持ち続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な国家試験です。
どんな医療機関にとっても、看護師は無くてはならない貴重なスタッフでしょう。
であるのに、看護師の待遇はあまり良いとはいえないでしょう。
看護師は夜間の勤務があったり、逆に、休日が少ないといったあまり良くない労働状況で仕事をしているのに、支払われる給料の金額は、世間で言われるほど高くないでしょう。
多くの看護婦が退職してしまうのも、当たり前のことなのかもしれません。
私の知り合いの看護師が退職するか続けようかで迷っていると相談を持ちかけてきました。
彼女はちょっと前に結婚したのですが変則勤務で土日休みの夫と休日が合わないので、一緒にいられない生活が多いそうです。
子供も作りたいし、とはいえ、仕事を辞めるのは嫌だと悩んでいました。

看護師転職サイト評判